一般的な葬儀のご質問

一般的な葬儀のご質問にお答えします。

喪主は誰が務めるものですか?

故人ともっとも縁の深い人がなるのが普通で、一般的には配偶者や子が喪主を務めます。

喪主とは祭祀を執り行う者です。
遺族の代表者として葬儀を行い、弔問を受けるのが喪主の役割になります。
配偶者や子がいない場合には、親や兄弟が喪主を務める場合があります。

弔辞は誰に依頼すればいいですか?

友人代表・会社代表(故人が生前勤めていた)・業界代表(故人が生前関連していた)、などが代表的な依頼先です。

故人と特に親しかった人を選んで依頼しますが、
最近では社葬以外の一般葬で読まれることは非常に少なくなってきました。

お布施は、いつ、どこで渡せばよいのでしょうか?

本来は、葬儀が終わった翌日、改めてお寺へ伺い、お渡しします。

しかし、お寺が遠方であったり、ご遺族も葬儀が終わった後は何かと多忙であったり、お疲れだったりしますので、お通夜か葬儀のいずれかの日に、葬儀場でお渡しするケースが多くなっています。

お渡しするタイミングが難しいようであれば、弊社スタッフでご案内いたします。

お布施はどのくらいお渡しすればよいのですか?

菩提寺のご住職に直接伺ってみてください。失礼にはあたりません。

それが難しいようであれば、檀家内の年長の方であったり、直近の経験者のかたにお伺いしてみるのもよいかと思われます。
弊社がお坊さんをご紹介する場合には、こちらでへお布施の金額をお伺いし、お伝え致します。

お布施の金額は、お寺によって、また頂くご戒名によっても異なり、様々です。

自分の家の宗派が分からないのですが。

家のお墓のあるお寺(菩提寺)に聞いていただくと、早く分かります。
聞きずらいようでしたら、お寺の住所・名前をお教えいただければお調べする事も可能です。
家のお墓はなく、ご先祖様もいない場合、一般的に実家(本家)の宗派に合わせます。
たとえば、嫁いでこられたお母様が亡くなった場合、お母様の実家ではなく、お父様の実家の宗派という事になります。

お墓もなく、お坊さんとのお付き合いもないのですが。

お墓はご葬儀を無事に終えた後、ゆっくりと探しましょう。
お坊さんは弊社でご紹介が可能です。
お坊さんとのお付合いがない方には、宗派にあわせて、信頼のできるお坊さんをお探しいたします。
葬儀の読経を依頼したからと言って、檀家になる必要は全くありません。

お墓は、今はたくさんの種類があり、お寺の敷地内にある墓地(檀家になる)以外に、公園墓地や霊園、納骨堂、合祀墓など選択肢は様々です。樹木葬や散骨といった選択肢もございます。
弊社では葬儀だけでなく、埋葬や散骨などの情報を提供できますので、ぜひご相談ください。

役所への手続きはどうしたらいいの?

弊社では、役所手続き代行サービスは全てのプランに含まれておりますので、ご安心ください。

まず、死亡診断書(もしくは死体検案書)をお医者様から頂きます。
その後、死亡届とあわせて、役所へ届け出ることにより、
死亡届⇒火葬許可証⇒埋葬許可証
となって、御遺族の手元には埋葬許可証として御遺骨と一緒に戻ります。

死亡届は

・故人の本籍地
・死亡地
・届出人の現住所地

のいずれかで提出することが出来ます。

何を決めておけば、慌てなくてみますか?

 

自宅以外でお亡くなりの場合、故人をどこに連れて帰るか(自宅かそれ以外か)を決めておきましょう。
また、葬儀の規模や形式、お葬式を行う場所(葬儀場)を考えておきましょう。
事前に一度、弊社までご相談ください。

身内だけで行うのか、お付き合いのある方は全てお呼びするのか。

仏式で行うのか、無宗教式なのか。
規模(親族OO名位、会葬者OO位)も予想いただいた方が、
事前に相談する場合にも役に立ちます。
葬儀場は、家族葬に適した葬儀場、利便性の良い葬儀場、火葬場に隣接した葬儀場など、種類は様々です。

もちろん料金(葬儀場使用料)もまちまちです。
形式、規模に見合った葬儀場選びが重要です。
また、訃報を連絡する先なども確認しておくと良いと思われます。

内容を入力してください。

セレモニーの池田によく寄せられるご質問にお答えします。