10月, 2011年

お布施は、いつ、どこで渡せばよいのでしょうか?

Qお布施は、いつ、どこで渡せばよいのでしょうか?
A本来は、葬儀が終わった翌日、改めてお寺へ伺い、お渡しします。

しかし、お寺が遠方であったり、ご遺族も葬儀が終わった後は何かと多忙であったり、お疲れだったりしますので、
お通夜か葬儀のいずれかの日に、葬儀場でお渡しするケースが多くなっています。

お渡しするタイミングが難しいようであれば、弊社スタッフでご案内いたします。

お布施はどのくらいお渡しすればよいのですか?

Qお布施はどのくらいお渡しすればよいのですか?
A菩提寺のご住職に直接伺ってみてください。失礼にはあたりません。

それが難しいようであれば、檀家内の年長の方であったり、直近の経験者のかたにお伺いしてみるのもよいかと思われます。
弊社がお坊さんをご紹介する場合には、こちらでへお布施の金額をお伺いし、お伝え致します。

お布施の金額は、お寺によって、また頂くご戒名によっても異なり、様々です。

自分の家の宗派が分からないのですが。

Q自分の家の宗派が分からないのですが。
A家のお墓のあるお寺(菩提寺)に聞いていただくと、早く分かります。
聞きずらいようでしたら、お寺の住所・名前をお教えいただければお調べする事も可能です。
家のお墓はなく、ご先祖様もいない場合、一般的に実家(本家)の宗派に合わせます。
たとえば、嫁いでこられたお母様が亡くなった場合、お母様の実家ではなく、お父様の実家の宗派という事になります。

葬儀の日程はどうやって決まるのですか?

Q葬儀の日程はどうやって決まるのですか?
A菩提寺のご都合、葬儀場・火葬場の予約状況、親族の希望などをあわせて考慮し決定します。

お墓もなく、お坊さんとのお付き合いもないのですが。

Qお墓もなく、お坊さんとのお付き合いもないのですが。
Aお墓はご葬儀を無事に終えた後、ゆっくりと探しましょう。
お坊さんは弊社でご紹介が可能です。
お坊さんとのお付合いがない方には、宗派にあわせて、信頼のできるお坊さんをお探しいたします。
葬儀の読経を依頼したからと言って、檀家になる必要は全くありません。

お墓は、今はたくさんの種類があり、お寺の敷地内にある墓地(檀家になる)以外に、
公園墓地や霊園、納骨堂、合祀墓など選択肢は様々です。樹木葬や散骨といった選択肢もございます。
弊社では葬儀だけでなく、埋葬や散骨などの情報を提供できますので、ぜひご相談ください。

役所への手続きはどうしたらいいの?

Q役所への手続きはどうしたらいいの?
A

弊社では、役所手続き代行サービスは全てのプランに含まれておりますので、ご安心ください。

まず、死亡診断書(もしくは死体検案書)をお医者様から頂きます。
その後、死亡届とあわせて、役所へ届け出ることにより、
死亡届⇒火葬許可証⇒埋葬許可証
となって、御遺族の手元には埋葬許可証として御遺骨と一緒に戻ります。

死亡届は

・故人の本籍地
・死亡地
・届出人の現住所地

のいずれかで提出することが出来ます。

深夜でも、病院から搬送しないといけないのですか?

Q深夜でも、病院から搬送しないといけないのですか?
A

一般的には、夜間でも搬送が必要です。

規模の大きな病院の場合は、霊安室に余裕があり、朝まで預かってくれる所もありますが、
一般的には夜間でも搬送が必要です。
遠方から家族が向かっているなどの理由があれば時間を取れる場合もあります。
しかし、ドライアイスの処置なども必要なので、なるべく早めに搬送することをお薦めします。
弊社は、夜間でも寝台車でお迎えに伺う準備が整っています。

深夜でも、ご遠慮なさらず、フリーダイヤル(0120-94-0004)へご連絡下さい。

自宅に安置する場合は、何を準備したらよいのでしょうか?

Q自宅に安置する場合は、何を準備したらよいのでしょうか?
A

お寝かせするお布団をご用意ください。
敷布団と枕。掛け布団一枚が必要になります。

お線香を手向ける支度などは、全て弊社が用意いたします。
安置するお部屋は、お客様を通しやすい部屋が良いと思います。
お布団は、枕を北向きにするのが習わしです。

住宅事情等で、北向きが困難な場合は、西向きでもかまいません。

自宅に連れて帰れないのですがどうしたらよいですか。

Q自宅に連れて帰れないのですがどうしたらよいですか。
A

ご希望の葬儀場、もしくは弊社提携の安置所でお預かりが可能です。

ご希望の葬儀場によっては、お通夜の当日までご安置ができる設備を有している場合があります。
詳しくは、お問い合わせください。
また、お選びの葬儀場に霊安室がない場合、または混雑していて空きが確保できない場合には
各地域にある、弊社の提携安所で責任を持ってお預かり致します。

息を引き取ったら、まず何をすればよいのでしょうか?

Q息を引き取ったら、まず何をすればよいのでしょうか?
A

弊社をお選び頂けるのであればただちに
フリーダイヤル(0120-94-0004)までご連絡ください。

お悲しみの中の、大変つらい事ではありますが、すぐに葬儀の準備が必要になってしまいます。
多くの病院では夜間であっても、ご遺体をを搬送する準備をするように言われます。
弊社では深夜、早朝にかかわらず、ご連絡を頂きましたら、直ちに病院へお迎えに参ります。
移動の寝台車へは、1?2名(車種によって変わります)同乗頂けます。
病院の看護師さんなどから寝台車の手配をしましょうか?と言われることがありますが、
病院が搬送してくれる訳ではなく、病院出入りの葬儀社が対応する事になりますので費用が生じます。
後のトラブルの原因にもなりますので、お断りいただくのが賢明です。

« 【前のページ】 【次のページ】 »
Copyright© 2018 埼玉・東京の葬儀や家族葬ならセレモニーの池田へ All Rights Reserved.